【拝観中止のお知らせ】
5月18日(土)と19日(日)は都合により拝観中止とさせていただきます。

【Closing day】
May 18 and 19, 2019

 

about

 

 圓光寺の始まりは、徳川家康が開いた洛陽学校。
僧俗を問わず入学を許し、
その開かれた校風は多くの学僧や絵師、
墨跡文人たちを育み、
日本文化の発展において大きな役割を果たした。
明治以降には、尼寺の修行道場として俗世を捨てた女性たちを包み込む。
内なる声に耳を傾け、
求道の場とする圓光寺の臨済禅。
その思想は、
伽藍や庭園の佇まいに今も息づいている。


Enkouji Temple was originally founded as the site of the Rakuyo School by Tokugawa Ieyasu.
Since anyone was admitted, both clergy and laity, the school possessed such an open spirit that versatile talents thrived there,
from learned priests to writers and artists, and thus the temple played an important role in the development of Japanese culture.
From the Meiji era, the temple was used as a seminary for nuns and generously accepted every woman who renounced the world.
The Rinzai Zen Buddhism of Enkouji teaches listening to one’s inner voice and seeking truth.
That philosophy can be still seen in the temple buildings as well as the gardens.

 
 

 season

 
 
L1009710.jpg



春は、淡桜園の枝垂れ桜が満開になります
春風に舞い散る桜の花びらの中に“行く春”を
感じる季節でもあります

L1001814.jpg



初夏は青もみじが陽光に映え、
一面に生える杉苔とともに緑の世界をつくり
竹林を吹き抜ける爽やかな翠風が心地良い

 
 
 
L1003874.jpg



圓光寺は洛北に位置し
その寒さ故に毎年美しい紅葉が期待できます
全山が錦に染まる燃えるような季節です

L1002460.jpg



圓光寺の冬は厳しく
訪れる人もまばらで、もとの凛とした
静寂な禅寺に帰ってゆきます